『人のために良い事をしたい』でも、これって偽善かも・・・と、迷いを感じる人が読む話

クリック募金

 

こんにちは

 

わたしは昔、

絵に描いたような
善い行いをすること

例えば、、
ボランティアとかありますよね

そういう事が
なんだか『偽善』っぽい感じがして

どうも
行動できない感じがあったのですね

 

人の役に立つことを
したい気持ちは
もちろん あるのだけど、

心の底からの
愛ある気持ちで
行動できてないのではないか?

ただの自己満足なのではないか?

と、迷いがあったんです

 

でも、

今は、自分なりに
その点が解決したというか

もしかしたら、
少々の偽善かもしれないけれど

「それでも良いんだ」と

思える『理由』を持てるようになりました

 

なぜなら
こう考えるようになったからです

 

イジメをする側は『本気ではなくても』、受けた側は死を考えるほど深く傷つく。その逆を考えてみる。

『イジメ・パワハラ・嫌がらせ』を受けた時の辛さ

あなたは、
学校や職場で
嫌がらせや暴力を受けたり
イジメに合った事はありますか?

大なり小なり
あるのではないでしょうか?

 

そんな目に合った時は、

 
冷たく狭い牢屋にでも

閉じ込められたように

世界が暗くなって
心が縮こまって
痛く悲しく辛いですよね

 

例え、
あなたに対して
嫌な事をしたヤツが
軽〜い気持ちであったとしても

あなたは
辛く苦しみを味わいます

 

イジメる方は軽い気持ち

よく耳にする話ですが

例えば、

同窓会で
昔にイジメられた奴に
合った時

その人は
あなたを虐めたとは思っていなく
遊んでいただけ

と思っていたり

あなたのことを
友達だと思っていたりします。

 

要は、そんなに悪気はなく
軽い気持ちだったのです

 

一方で、あなたは
そのイジメによって
今まで、深い心の傷に悩まされてきました

 

何が言いたいのかというと

本気で虐めていなくても
軽い気持ちであっても

相手の心に、大きなダメージを与えるのです

であれば
その逆もあるのでは・・・?

たとえ軽い気持ちであっても

『人に善いこと』をしたら、

相手にとっては
大きな救いになったり

場合によってはその人にとって

一生を左右するほどに
人生が好転する出来事に
なるかもしれない

上記を考えた時に、

『例え、少々の偽善であったとしても、
 人の助けになることはすべき』

との考えに至りました。

 

・そう思うようになってからは、

冒頭で書いたように
良いことをしようとした時に

自分のやろうとしている事は
もしかしたら
偽善なのかもしれない

という、
自分の中に存在した
「スッキリしない不安というか迷い」を
解消することができました

 

・もちろん、今回で言うところの
 『偽善』という言葉は

悪魔的な人が、おこなう詐欺的な
偽善についての話ではありません

念のため・・・

 

もし、心優しいあなたが

善行をしようと思った時に、
「これって偽善?」と
少しでも迷うことがあるようでしたら

今回の考え方が
参考になる点があるかもしれません

 

それに
『人に善いことをしたら
 自分にも返ってくるから』

それが理由だっていいんですよ

自分も、相手も
救うことになるのですから

自分を含めた2人を、救えますね

素晴らしいことだと思います

 

少し偉そうな感じになってしまって
ゴメンナサイ

でも、
もし参考になる点が
少しでもあったなら嬉しいです

 

 

 

追伸:

人の役に立ちたいと思い
善いことをしようとすると

馬鹿にされたり
叩かれてしまったり

そんな風潮がありますね

 

でも、
こうやってインターネットで
善いことをすれば

誰にも叩かれません

誰にも知られず
ネットを使って
ひっそりと善いことをする

ちょっと新しい
素敵なライフスタイルだと思います

 

 

 

最後まで
お読みくださり、ありがとうございました。

感謝してます

 

【クリック募金まとめ】日本で一番シンプル使いやすい一覧