なぜ、彼は試合中ライバルの成功を願ったのか?

意識・脳・心の使い方

こんにちは、ショウジンです

 

あなたはスポーツや仕事において
ライバルがいますか?

 

少し古い話しかもしれませんが
スケートの浅田真央さんには
キム・ヨナさんというライバルがいたり

牛丼の吉野家があれば松屋があったり

スティーブ・ジョブズがいれば
ビル・ゲイツがいたりと

ライバルや競合する存在は
多くのシチュエーションで現れますね

 

僕は、販売職もしていましたが
やはり競合のリサーチに
よく足を運びました

競合店をリサーチに行けば
相手も気づきますから

店内でベッタリとマークされ
後をつけられながら睨まれながらも
リサーチしたりしていました

 

尾行される中、リサーチをするのですから
あまり気持ち良いものではないのですけどね

報告物など作らなければいけなかったりして、
今思えば、よくやってたなぁと思います

 

あなたも、これまでに
何かしらライバルのような存在が
いた経験があるのではないかと思います

いかがでしょうか?

 

 

ライバルの成功を願うと、あなたが得をする

ふつうはライバルに打ち勝つこと
打ち負かすことを考えると思います

当然ですね

ですが、心の使い方、裏技としては
『相手の成功を願う』のです

 

なぜかといえば・・・

・相手を打ち負かそうとする想い
・相手の失敗を願う想い

それらが、自分に作用してしまうから。

 

変な話ですよね?

心の想いというのはエネルギーとして
実際に存在します

周波数
波動
素粒子
フォトン
など

難しいことは、僕にもわかりません

でも、物理の世界では『想い』もエネルギーとして
存在することは分かっており

科学的にも、間違いないようです

 

タイガーウッズのマインドセット

プロ・ゴルファーのタイガーウッズさん
ご存知ですか?

日本名は「虎木さん?」

という噂もあるとか無いとか…
そんなタイガーウッズさんですが

 

ゴルフでの試合ここ一番の勝負の時には
対戦相手に対して、こんな風に願うそうです

『最高のプレイができますように』

普通であれば、相手がミスるように
不運を願うと思いますが

ウッズさんは、相手の成功を願うのです

 

なぜなら、

相手の失敗や不運を願えば
それが自分に作用するから

だそうです

 

心の想いはエネルギーとして存在し
自分に作用するのを知っていて

それをテクニックとして使っているのです

さすがトッププレーヤーです

 

ライバルの幸運を願うと、あなたが幸運に恵まれる

ライバルである相手が

  • 力を発揮できるように
  • 成功するように
  • 幸せになるように
  • 笑顔になるように

願ってみてください

なかなか簡単ではないかもしれませんが
結果的には、それが自分のためですね

これは見えない力を味方につける
テクニックです

 

実際にやってみると
心も、身体も
軽く柔らかくなる感じがしますよ

 

世界一になったウッズさんも使う
マインド・テクニックです

あなたの幸運と成功のために

もしよかったら
取り入れてみてくださいね

 

 

以上です

お読みくださり、ありがとうございました
感謝してます

 

追伸:

本当の敵は
自分の中にしかいないんですよね^ ^